VIVENTE
37/52

ハイレベルな断熱性能。快適な生活を頼もしくバックアップします。アルミと樹脂の複合サッシ対風圧性能防露性能断熱性能省エネルギー【Low-E複層ガラス】アルミと樹脂の複合構造を採用し、高い断熱クオリティとなっております。Ⅰ・Ⅱ地域に対応するハイレベルの断熱性能を実現し、次世代省エネルギー基準に適合しています。S-3風速約50m/sの風圧に耐えられる性能基準をクリア。3階建てなどの高所でも安心してご使用いただけます。枠・障子が高断熱樹脂複合構造のため、熱が伝わりにくく、ガラス面のほか、枠・障子に発生する不快な結露を抑えます。アルミと樹脂の複合サッシと一般サッシの防露性能比較(社内試験)●条件室内温度:20℃/室外温度:0℃/相対湿度50%次世代省エネルギー基準適合地域Ⅰ~Ⅴ地域(熱貫流率2.33W/m2・K以下)※建具の仕様による。空気層12mm以上のLow-E複層ガラス使用時。次世代省エネルギー基準適合地域Ⅲ~Ⅴ地域(熱貫流率3.49W/m2・K以下)※建具の仕様による。空気層12mm以上の複層ガラス使用時。アルミと熱伝導率の低い樹脂形材を組合せた、アルミ樹脂複合構造。上下枠にはアルミに断熱樹脂をはさみ、より効果的にハイレベルな断熱性能を実現しています(引違い窓だけの構造です)。複層ガラスのガラス溝幅は26mm。一般複層ガラスはもちろん、防犯合せガラスや防火ガラス使用時にも、12mm以上の空気層を確保でき(※)、単板ガラスの約2倍の断熱性能を発揮します。そのため、冷暖房エネルギーを大幅に削減することができ、家計の負担を軽減します。※ガラスの組み合わせによっては確保できなこともあります。※注意 結露はサッシの性能だけでなく住まい他自然環境に影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。アルミと樹脂の複合サッシガラスにも樹脂部にも結露は見られません。一般サッシガラスにもアルミ枠にも結露が発生し、水滴が流れています。遮音性能住宅性能表示 音環境 透過損失(外壁開口部)等級3・等級2※住宅型式性能認定による(ガラスの仕様により異なります)。高い気密性も持つアルミと樹脂の複合サッシでは、すぐれた遮音性能も確保。室外からの騒音の浸入を防ぎ、静かな暮らしを守ります。水密性能気密性能W-4引違い窓には、雨水をホロー内に落とさない独自の下枠構造を採用。勾配によりレール間に水が溜まりにくく、レールに浸入した水をすばやく枠の外へ排出します。また、枠内に排水しないため、内部にゴミが溜まりません。A-4外気の流入を防止して高い気密性を発揮するエアタイト構造を採用しています。快適性をさらに向上させる高性能のLow-E複層ガラスもお選びいただけます。遮熱タイプ夏涼しく、冬暖かく。室内の冷暖房効果をアップします。断熱タイプ暖かい太陽光を取り込み、室内の暖房熱を逃がしません。※一部窓種を除きます。※一部窓種を除きます。※一部窓種を除きます。※一部窓種・サイズを除きます。※一部窓種を除きます。■提供:YKKAP VENATO〈ベナート〉/エピソード35

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です