VIVENTE
42/52

安心して暮らせる毎日。災害に強く、かけがえのない家族と大切な財産を守ります。ツーバイフォー工法ツーバイフォー工法とは?北米の伝統かつ一般的な工法であるプラットホーム・フレーム工法を取り入れたもので、正式には枠組壁工法(以下2×4工法)と呼びます。多少の流儀に違いがあるとしても、世界の木造住宅のほとんどは2×4工法で建てられています。言わば、国際的に通用するスタンダードな木造建築方法です。日本で一般的にな木造軸組工法(在来工法)が柱、梁による線構造とすれば、2×4工法は、壁パネルによる6面体構造で、耐震性に優れているのが大きな特徴の一つです。これは、阪神淡路大震災や新潟中越地震時に、建物の新旧を問わず、ほとんどの建物で大きな被害を生じなかった事からも証明されています。日本は地震や台風が多く、不安は一つではありません。外部からの力を建物全体で吸収し分散させる強さを持ち、住宅そのものが揺れや圧力に強い構造の2×4工法こそ、これからの家づくりに求められる工法です。基礎及び土台小屋組屋根1階床1階壁2階床2階壁40家族の空間を創る家族の空間を演出する家族を品質で守る家族に安心を届ける

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です